リンス,コンディショナー,トリートメント

リンスとコンディショナー、トリートメントの違い

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

スポンサードリンク

リンスとコンディショナー、トリートメントの違い




上の3つは「どこがどう違うの?」と、女性ならば
一度は疑問に思ったことがあるんじゃないかと思います。

和訳すると、

  • リンス(rinse)
    • すすぐこと。
  • コンディショナー(conditioner)
    • 整髪剤のこと。
  • トリートメント(treatment)
    • 傷んだ髪の手入れ。

コンディショナーとトリートメントはよく似ていますね。
では製品として比較すると、どう違うのでしょうか?

メーカーによって捉え方が違います

だから明確な定義がないようです。

例えば花王だと、リンスとコンディショナーを
同じものとして扱っています。

一般的な役割別に見てみると、

リンスは、

  • 界面活性剤や油分で、髪の表面をカバーする
  • シャンプー後の髪の「きしみ」を防ぐ
  • 髪の毛の手触りを良くする
  • 髪の水分の蒸発を抑える

などの役割を持ち、頭髪の内部にまでは浸透しません。

スポンサードリンク

コンディショナーは基本的に、リンスと役割が同じなのですが、
髪の毛の表面を整える力が強いものを特にコンディショナーと
呼ぶ場合が多いようです。

トリートメントも似たような役割を持っていますが、その中でも、
「髪の毛の内部に浸透するもの」を指します。

リンスは日本独特の呼び方

前にも書いたようにリンスは和訳すると「すすぐこと」を意味します。

最初にリンスを発売したメーカーが「リンス」とネーミングしたため
日本ではこの呼び方が一般に広まりました。

英語圏では「リンス」という製品がないわけですから、
コンディショナーと併せて、「ヘアコンディショナー」と呼びます。

呼び方はどうあれ、いずれの製品も、
「髪の毛を美しくすること」を目的として開発されています。

これらの記事にも書きましたが、あくまでも「髪を美しくする」のが
目的なのですから、なるべく頭皮に付着しないよう、注意しましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional