薄毛,女性,タオルドライ

薄毛に悩む女性なら、タオルドライをしっかりと!

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛に悩む女性なら、タオルドライをしっかりと!




上の記事をお読み頂いているなら、次はタオルドライのコーナーです。
お風呂から上がったら、髪を丁寧に乾かす必要があります。

スポンサードリンク

先ほどの「正しいシャンプー法」に比べればそれほど
難しくないので、大丈夫ですよ。

覚えておきたいのは、

  • 髪の毛は湿り気があると傷みやすいこと
  • 頭皮が冷えると血行が悪くなり、育毛のマイナス要因になること
  • ドライヤーは髪の毛を傷めやすいこと

だからその前のタオルドライが重要になります。

タオルドライの目的は

  • 髪の毛をなるべく素早く乾かすこと
  • ドライヤーの使用時間をなるべく短くすること

この2つです。

よくドラマや映画なんかで頭にタオルを巻いたまま、バスローブで
くつろぐ女性が登場しますけど、真似したらダメですよ。

頭皮を労る上でも、美しい髪を作るためにもマイナスにしかなりません。
のんびり乾かしていると、頭皮が冷えて血行が悪くなりますし、
髪の毛が濡れたままだと、キューティクルが はがれやすいんです。

余談ですが、男性の方で頭をこするようにバスタオルで乱暴に
ガシガシ拭く方がいますけど、髪の毛を傷めてしまいます。

スポンサードリンク

正しいタオルドライのやり方

バスタオルで頭を包んで、軽く叩くことで水気を取ります。
これが基本。決してこすってはダメですよ。

髪の毛の長い方は、垂らした髪の毛をバスタオルで挟んで
ポンポンと軽く叩くように水気を取りましょう。

ショートヘアなら別でしょうけれど、セミロングの私でも
バスタオルを1枚使います。
大きさや厚みにもよるんですけどね。

バスタオルがしっかり湿るぐらい、タオルドライの段階で、
水気を取ってしまいましょう。

ヘアドライキャップの活用を

バスタオルの代わりに、マイクロファイバー製の
ヘアドライキャップを使うと、お洗濯が楽になりますね。

マイクロファイバーは普通の繊維よりも水分の吸着力に優れています。
そのため使ってみると、かなり水気が取れました。

その分、バスタオルを濡らさずに済みますので、
併用すると、バスタオルのサイズを小さくできると思います。
洗濯物が乾きにくい冬場だと便利ですよ。

タオルドライをマスターしたら、

ドライヤーのチェックポイントも押さえておきましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional