薄毛,進行,シャンプー

薄毛を進行させるシャンプーは意外に多い!?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛を進行させるシャンプーは意外に多い!?




私が「薄毛を改善したい」と本気で行動し始めたとき、
最も驚いたことの一つがシャンプーの成分です。

スポンサードリンク

シャンプーの容器の裏面を見ると、成分表記が載っていると思います。
成分表示は配合量の多い順に記載されていますので、
最初に書かれているのは無害な「水」ですね。

よく見て頂きたいのは、その次から何の成分が使われているのかです。
「できれば避けたい成分」については下記の記事を参照してください。

「なぜ、成分に注意する必要があるの?」

石鹸シャンプー以外の一般的なシャンプー剤には、
「合成界面活性剤」が使用されています。

「界面活性剤」というのは「水と油を混合させる」性質があるため
洗剤の主成分など、様々な製品に使用されています。

「合成界面活性剤」は工業的に合成された界面活性剤のことですね。
洗浄力が必要な製品には必ずといっていいほど含まれているのですが、
強い洗浄力を求めるほど、頭皮への優しさが失われていくのです。

合成界面活性剤を嫌う方が、石鹸シャンプーを求めるのですが、
その石鹸シャンプーにも注意点がありますので下記をご覧ください。

スポンサードリンク

化粧品が全成分の表示を義務付けられた経緯

市販のシャンプーのほとんどは、「旧表示指定成分」である、
洗浄力の強い合成界面活性剤を使用しています。

「旧表示指定成分」というのは、旧厚生省が平成13年まで設けていた
基準に照らし、「皮膚への危険あり」として表示を義務付けていた
成分のことで、102種類もあります。

しかし、これら以外にも同じぐらい危険な成分は数多く使用されており
お役所で1つずつ安全性を確認するのは無理があるということで、
この制度が廃止されました。

代わりに化粧品には全成分の表示が義務付けられたというわけです。

シャンプーも化粧品に分類されるので全成分を表示しています。
ここまでであれば、成分の確認は面倒ですが、私たち消費者が
シャンプーの安全性をチェックすることができます。

でも、例外がありました

それが薬用シャンプーなどの「医薬部外品」です。

大事なのは、あなたの頭皮タイプに合わせたシャンプーを選ぶ
必要があるということです。

更年期に入って衰えてきた頭皮に、洗浄力の強すぎるシャンプーを
使ってしまうと頭皮を痛めてしまいますし、乾燥の原因にもなります。

更年期女性の薄毛の原因を一つに絞ることはできませんが、
危険な成分が頭皮にダメージを与えることで、薄毛を進行させている
ことも考えられますので、十分に注意してくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional