シャンプー後,症状,危険

シャンプー後に、こんな症状はありませんか? 危険なシャンプーの安全性

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

スポンサードリンク

シャンプー後に、こんな症状はありませんか?




あなたはシャンプー後のこんな症状で悩んでいませんか?

  • シャンプーしたばかりなのに、かゆい
  • 頭皮が乾燥すると、突っ張ったような感じがする
  • 髪の手触りが悪くなった
  • リンスやトリートメントをし忘れたら、ゴワゴワになった

どれか一つでも当てはまる項目があれば、あなたが今使っている
シャンプーが、髪や頭皮に合っていない証拠です。

スポンサードリンク

お肌と化学物質、相性は千差万別

シャンプーには合成界面活性剤だけではなく、
乳化剤、防腐剤、人工香料などの化学物質が多く含まれています。

そのうちのどれか、あるいは幾つかが、頭皮に反応して
薄毛を進行させている可能性があります。

敏感肌やアトピーの方であれば、よく分かると思うのですが、
お肌と化学成分との相性は、千差万別です。

だから、相性が悪い成分を特定することはできないのですが、

  • PG(プロピレングリコール)
  • ラウリル硫酸Na

の2つは、特に注意してください。
私の友人に、それらの成分が含まれたシャンプーや石鹸の使用を
控えたら、アトピーが快方に向かったという人がいるからです。

危険なシャンプーが作られている理由

それはただ単に、安く作れるからです。

こういった化学物質をブレンドしたようなシャンプーは、石油製品を
作った後の残りカスである「ナフサ」という物質を原料としています。

PG(プロピレングリコール)などが開発されるまでは、
高いコストをかけてこのナフサを処分しなければなりませんでした。

それがPGを開発したことにより、低コストでの製品化に成功。
しかも高い処分費用を負担しなくて済むようになったのですから。

もちろん他の製品同様、動物実験などで安全性は確認されています。
しかし当たり前のことですが、「人が長年使い続けた結果、
どうなったのか?」といったデータはありません。

あなたが薄毛に悩んでいるのなら、その原因に成り得るものは
なるべく排除しておきましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional