スタイリング剤,薄毛,進行

スタイリング剤が薄毛を進行させる、って本当?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

スタイリング剤が薄毛を進行させる、って本当?




ヘアスタイリング剤には、固めるタイプや寝癖直しのワックスなど
用途によって様々ですが基本的に、頭皮に良い製品はありません。

「寝癖直し」タイプでも界面活性剤が入っていますし、髪を固めたり
セットを長持ちさせるタイプには、ポリマーやシリコンといった、
「皮膜」を形成する成分が入っているものです。

製品によっては、アクリル樹脂が含まれているものもあります。

スポンサードリンク

皮膜を形成する成分が、毛穴を詰まらせます

シリコン、ポリマー、アクリル樹脂などの「皮膜」を形成するタイプの
成分が、毛穴を詰まらせ、髪を生えにくくしているのです。

またトニックやスプレー式のもの、特に清涼感を与えるタイプの製品は
アルコールが多く配合されている製品が多く、頭皮の刺激になります。

ここで誤解しないで頂きたいのは、スタイリング剤が悪いわけでは
ないということです。

スタイリング剤は本来、髪の毛につけるものなので、頭皮についたら
どうなるか、などということまで考えて作られてはいないのです。

間違った使い方をすれば、頭皮にダメージを与えたり、
薄毛を進行させてしまう原因になる、というわけです。

「頭皮に良い」製品でも、成分チェックは必要

スタイリング剤がどうしても必要な方は、頭皮にかからないよう、
髪の毛の根元から数センチは離して使うようにしてください。
頭皮になるべくかからないように、注意してくださいね。

スタイリング剤に使われている成分は、コンディショナーと似た
成分も多いので、こちらの記事を参照してください。

主なシリコンの種類を一覧にしていますので。
「~メチコン」といった成分の製品は避けた方が良いでしょう。

髪の毛にコシがなく、薄毛の気になる方は

ボリュームをアップさせるために、固めるタイプのスタイリング剤を
選びがちですが、ハードタイプほど、強い皮膜形成力があります。

誤って頭皮についてしまうと、シャンプーでも落ちにくいので、
毛穴が詰まりやすく、育毛を妨げ、薄毛を進行させてしまいます。

ですから繰り返し強調しますが、スタイリング剤は絶対に、
頭皮に付けないよう、細心の注意を払って使用してください。

また正しいシャンプー法を実践して、スタイリング剤を
しっかり落とし、育毛に理想的な頭皮環境を整えましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional