睡眠不足,薄毛,進行

sleep

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

睡眠が不足すると、なぜ薄毛が進行するの?




あなたは毎日しっかりと眠れていますか?

  • 睡眠時間が不足しがち
  • よく寝たはずなのに、
    • 疲れが取れない
    • 寝覚めが良くない

こういった症状に悩まされていませんか?
年齢を重ねていくと誰しも、睡眠の質が悪くなるものなんです。

更年期障害に多く見られる症状でも、寝付きが悪くなったり、
眠りが浅くなりがち、といったものもあります。

厚生労働省が平成21年度に行った「国民健康・栄養調査」のうち、
40代・50代女性の睡眠状況を表にしてみました。

回答女性
40代(%)50代(%)
充分とれている21.523.9
まあまあとれている51.054.6
あまりとれていない25.820.6
まったくとれていない1.61.0

充分にとれている方は問題ないでしょうけれど、それ以外の方の中で
薄毛にお悩みの方は睡眠の質や時間を今一度、振り返ってみましょう。

スポンサードリンク

睡眠と薄毛の関係

睡眠不足は様々な弊害をもたらしますよね。
女性ならば「美容の大敵」という言葉をよく耳にすると思いますが、
実は髪の健康を考える上でも睡眠不足はよくないのです。

なぜなら成長ホルモンの分泌は、起きているときよりも寝ている
ときの方が活発になるからです。

「成長ホルモン」というのは、損傷を受けた細胞を再生させたり、
細胞分裂を促進させる働きをもっています。

で書いたように、髪の毛もお肌と同じように再生を繰り返しています。

つまり睡眠不足だと、成長ホルモンを充分に分泌できないんですね。
「それでもどうしても睡眠時間が取れない……」
という方はなるべく、育毛のゴールデンタイムに眠りましょう。

スポンサードリンク

成長ホルモンは、髪の毛を後回しにします

睡眠の質が悪かったり、睡眠不足になったりすると
成長ホルモンの分泌量が充分ではなくなります。

身体にとっては、髪の毛よりも筋肉細胞などの方が大事なので、
まずそこに成長ホルモンが使われるのです。

成長ホルモンの分泌量が少ないと、髪の毛を成長させる力が
それだけ弱まってしまいます。

そのため、いくら他の方法で髪を労って元気づけようとしても
充分な効果が得られなくなるのです。

「薄毛を改善したい」という思いが切実なのであれば、
夜10時~深夜2時までの4時間は熟睡できるように心掛けてください。

「でも熟睡できない、睡眠の質がよくならない」という方は、

こちらの記事を参考にしてくださいね。

成長ホルモンを意識して増やすようにすると髪の毛にも良いですし、
お肌もキレイになるので、一石二鳥ですよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional