ノンシリコンシャンプー,薄毛,効果

ノンシリコンシャンプーは薄毛の改善に効果的?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

ノンシリコンシャンプーは薄毛の改善に効果的?




まず、一般的なシャンプーには大抵、シリコンが入っています。

シリコンというのは、ケイ素(Si)のことで、半導体素子や
合金添加元素、珪素樹脂原料などに用いられています。

車を磨くときのカーワックスがありますよね?
大きな枠組みでいえば、あれと似たような成分なんです。
要するにコーティング剤ですね。

スポンサードリンク

シャンプーによくシリコンが配合されている理由は、髪の手触りを
良くする効果を持つものの中で、比較的安価に利用できるからです。

お察しのとおり、髪の毛の表面をコーティングするだけなので、
髪質を改善するような効果には至りません。

シャンプーに入っているシリコンには、以下のようなものがあります。

  • アモジメチコン
  • コポリマー(アミノエチルアミノプロビルメチコン)
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シロキ
  • ジメチコン
  • ジメチコンコポリオール
  • フェニルトリメチコン

手触りを良くするのは髪だけに とどまらない

リンスやコンディショナーに入っているのなら分かりますが、
髪を清潔にするのが主目的のシャンプーには、必要ないはずですよね。

美容師さんが言うには「シャンプーにシリコンが入っているのは、
常識化しているので、ノンシリコンだと売れない」そうです。
それだけ、シャンプーのときの髪の手触りが違うんですね。

でも、よく考えてみてください。
シリコンが髪の表面を覆うことで、髪の手触りが良くなるということは
頭皮の毛穴までコーティングしてしまうということです。

極端に言うと、髪がサラサラ、頭皮はツルツルに……。

スポンサードリンク

実際、毛穴が塞がれると髪の成長が滞ってしまいますから、
薄毛を改善するどころか、進行させることにもなりかねません。

で力説したように、洗髪の時間と同じかそれ以上の時間をかけて
丁寧にすすぎをしなければならないのです。

「ノンシリコンシャンプーなら、問題ないの?」

シャンプーは皮脂汚れを落とすものである以上、
何らかの形で界面活性剤が配合されています。

こちらの記事で書いたように、界面活性剤には注意すべき点が
たくさんありますので、ノンシリコンシャンプーといえど、
すすぎはしっかりとした方が良いのです。

まとめますと、ノンシリコンシャンプーが薄毛に良いというよりは、
シリコン入りのシャンプーを使うべきではない、ということです。

比較的高価なシャンプーにも、シリコンはけっこう入っていますので、
シャンプー選びは十分、慎重に行なってくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional