薄毛,更年期女性,シャンプー

薄毛に悩む更年期女性なら、まずシャンプーの見直しを

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛に悩む更年期女性なら、まずシャンプーの見直しを




年齢を重ねると基礎化粧品を変えていかなければならないように、
シャンプー剤も頭皮の現状に合わせた製品にしなければなりません。

若いころは危険な成分が含まれたシャンプー剤を使うことに抵抗が
なかったとしても、いつしか頭皮が悲鳴を上げることになるからです。

スポンサードリンク

更年期女性の薄毛は女性ホルモンの急減によるものがほとんどですが、
そうでない場合、頭皮の衰えが危惧されます。

シャンプー剤の成分をしっかり確かめたことがないのであれば、
頭皮に良いシャンプー剤を選ぶことから始めましょう。

詳しくはこの記事で解説していますが、頭皮を痛める危険性のある
シャンプー剤は意外に多いのです。

優先すべきは「頭皮に優しいか?」ということ

3000円以上もする「サロン仕様」のシャンプー剤でも、ほとんどが
「髪に良いもの」であって、頭皮のことはあまり重視されていません。
つまり、薄毛を改善させる効果は期待できないということです。

そもそも育毛用シャンプー剤というのは、育毛効果をもたらすもの
ではなく、育毛に最適な頭皮環境を整えることを目的としています。

シャンプー剤に過剰な期待はせず、危険な成分が入っていないか、
たとえ入っていても量は少ないか、といったポイントに注意して
頭皮に優しい製品を選びましょうね。

育毛剤にいくら投資しても……

薄毛が気になり始めると「育毛剤を買うべきか」を検討される方は
少なくないようですが、残念なシャンプー剤を使用している限りは
いくら効果的な育毛剤を使っていても効果は現れにくいのです。

髪の毛は頭皮で作られるものですから、その頭皮を痛めつけるような
シャンプー剤を使ってしまうと発毛どころではなくなってしまいます。

やせた土壌に種を蒔いているのと一緒です。

スポンサードリンク

良いシャンプー剤とは?

薄毛を治すためには、良いシャンプー剤を選ぶことが必要なのですが、
「高い製品 = 良い製品」とは限りません。

また「石鹸シャンプーは誰が使っても良い」とは言えません。
お肌に触れるものはすべて、相性を考慮しなければならないからです。

詳しくはこちらをご覧ください。

一般的に「髪に優しい」といわれているアミノ酸系シャンプー剤にも
怪しい製品はあります。

下記の記事に危険な成分をまとめていますので、実際にシャンプー剤の
成分表記と見比べてみてください。

頭皮に優しいシャンプー剤 選びは大変だと思いますが、
一度しっかり調べておくと安心できますから、がんばってくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional