リンス,コンディショナー,使い方

リンス、コンディショナーの正しい使い方

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

リンス、コンディショナーの正しい使い方

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いについては、

に詳しく書きましたので、気になる方は一読してみてくださいね。

ざっくりいうと、リンスとコンディショナーは、ほぼ同じものです。
いずれも髪の表面をポリマーという、油性の成分で覆うことにより、
髪の毛に触れたときの感触を良くするという効果があります。

スポンサードリンク

ただ、この「ポリマー」がやっかいで、ビニール状の被膜であるため
頭皮に付着すると毛穴を塞ぎ、せっかくの育毛剤を弾いてしまいます。

またコンディショナーの中には、

  • タンパク質分解成分である、ジンクピリチオン
  • 乳化剤の役割を果たす合成界面活性剤

などを含んでいる製品もありますので、ご注意を。
なお、なるべく避けたい成分については、

に、ひと通り挙げておきましたので、参考にしてくださいね。

では、正しいコンディショナーの使い方について、です。




1.コンディショナーを髪の毛だけに付けます。

なるべく頭皮に付けないよう、十分に注意してください。

というのは頭皮に悪影響を及ぼす成分を含んでいる
コンディショナーも、けっこう多いからです。

「頭皮に付着しても問題ない」と書かれてあっても、
一応、成分を確認した方が安心できますよね。

2.よく洗い流しましょう。

せっかく付けたコンディショナーを「しっかり洗い流す」
という考え方は受け入れがたいかもしれません。

でも「コンディショナーの成分が残っているほど、手触りが
良くなるはず」というのは間違いです。

コンディショナーは洗い流す過程で、髪に付着し、
コーティングするからです。

繰り返しますが、一般的なコンディショナーは頭皮に良くない
成分が入っている場合が多いので、徹底的にすすいでください。
コンディショナーは洗い流すことで効果を発揮するのです。

スポンサードリンク

おすすめは、ノンシリコンのコンディショナー

シリコンやポリマーの入ったコンディショナーで得られるツヤや
手触りは一時的なもので、「使い続けると、
髪の毛の質を低下させる」という専門家が多いのは事実です。

私はシリコンのことを知ってから、シャンプーとコンディショナーは
ノンシリコンの製品を使うようにしています。

ノンシリコンのシャンプーについては、こちらをご覧ください。

それまでが質感の良かったシャンプーを使っていたものですから、
ノンシリコンに変えた途端、「こんなにゴワゴワするの?」と
驚いたものです。しかし良質なシャンプーに換えたところ、
ゴワつきはなくなりました。

ただ、けっこうお値段が高いんですよね。検討した結果、
現在は手頃な価格のノンシリコンシャンプーに切り替えています。

また、専門家によっては「良質なシャンプーを使えば、
コンディショナーは不要」とする意見もあります。

ショートヘアなら納得できるのですが、ロングだとどうしても
絡みやすいため、私はコンディショナーを使った方が良いと思います。

いずれにしても、正しい使い方を徹底すれば、
そんなに問題にはならないと思いますよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional