育毛,ゴールデンタイム,更年期

育毛のゴールデンタイムに熟睡を|更年期の女性は特に

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

育毛のゴールデンタイムに熟睡を




「お肌のゴールデンタイム」という言葉。
女性ならば一度は耳にしたことがあると思います。

お肌の美しさを保つためには、このゴールデンタイムに質の高い
睡眠を取ることが理想といわれています。

具体的には「22時~ 2時まで」の4時間。
注意したいのは、22時に布団に入るのではなく、
22時には熟睡しているのが理想ですね。

スポンサードリンク

「どうしてゴールデンタイムと呼ばれるの?」

「22時~ 2時まで」の4時間は「成長ホルモン」の分泌量が
最も増える時間帯だから、なんですね。

成長ホルモンには、筋肉や骨の成長を促す働きがあります。
「成長」と聞くと、子供にこそ必要な要素に思えますが、
成熟した大人であっても、重要な働きをしてくれます。

成長ホルモンは、タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素の分解を
促進させますし、その他にもいろいろな代謝を促進させます。

それが証拠に成長ホルモンの代謝が鈍ると、お肌が乾燥してきます。
また髪の毛がパサつくので、髪の毛の成長にも影響が出ます。

つまり、お肌のゴールデンタイムは、
育毛のゴールデンタイムでもあるわけです。

スポンサードリンク

良質な髪を作るためには、質の良い睡眠を

夜10時~深夜2時までが育毛のゴールデンタイムですが、
「ただ眠っていればいい」というわけではありません。

その時間に熟睡しておくためには、もっと早く床に就くべきですし、
夕食やお風呂の時間も変える必要があるかもしれません。

ご家族やお仕事の都合で「そこまではできない」という場合は、
少しでもゴールデンタイムに眠れるように、工夫してみてください。

寝ている間に傷んだ肌が修復されていくように、
髪も睡眠中に伸びています。

眠りが浅いと、それだけ起きている状態に近いわけですから、
良い髪を作るためには、質の良い睡眠が欠かせません。

また、残念なことに、成長ホルモンの分泌量は40代に入ると、
20代のころの約半分にまで減ってしまうのです。

そのため更年期の女性は特に、ゴールデンタイムに熟睡することが
重要です。睡眠不足にも気をつけてくださいね。

豊かな髪と美しい肌のためにも、成長ホルモンを多く分泌する
ゴールデンタイムを逃さず、熟睡できるように心掛けましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional