シャンプー,姿勢,理由

シャンプーの姿勢に、こだわる理由

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

シャンプーの姿勢に、こだわる理由




美容院では、顔を上向きにしてシャンプーしてもらいますよね?
でも理容室では反対に下向きなのは、なぜ?

と疑問に思うのは私だけではないようで。

スポンサードリンク

どちらが正しいのか、というより、
できれば上向きでシャンプーするのが良いようです。

下を向いてシャンプーをすると、どうしてもシャンプー剤が
流れることで目に入ったり、顔につくことで肌トラブルに
悩まされたり、といった可能性があります。

お察しのとおり、シャンプーの姿勢と育毛は関係ありません。

自宅で実践すると

美容院ならば座った上で、美容師さんに洗ってもらうわけですから、
身体がよっぽど硬くない限りは、楽な姿勢だと思います。

でも自宅のバスルームで、同じようなことをするとどうなるでしょう?
シャンプーしている間、ずっと反り返っていなければならないわけで、
すぐに腰を痛めてしまいそうです。

シャワーの位置によっては、苦しい姿勢に挑戦する必要が
あるかもしれませんし、そもそもシャワーがなければ困難です。

上向きで洗った方が美容に良い理由

専門家によっては「美容のためには上向きが良い」という方も。

下を向いてシャンプーをすると、お湯で頭皮が柔らかくなるだけでなく
顔に「たるみ」や「シワ」を招く原因にもなるのだとか。

こうした「ちょっとしたこと」が長年続けば大きな差を生む、
というのは、更年期女性ならば実感していることですよね。

「美容のため」といわれると、自宅でも上向きで
シャンプーしたくなるのですが……。

前にも述べたように、腰を悪くしてはいけませんから、
くれぐれも無理はしないでくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional