育毛マッサージ,具体的,やり方

育毛マッサージの具体的な やり方

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

育毛マッサージの具体的な やり方




いよいよ育毛マッサージの実践編です。

言葉で説明すると頭に入りにくいかもしれませんので、読みながら
実際にやってみてください。そうすれば、コツを掴みやすいですよ。

マッサージの方向

髪の生え際から、頭頂部へ向けてマッサージしていきます。
マッサージしながら、頭に点在するツボを意識しましょう。

マッサージの やり方

(1)

指の腹を頭皮に当てて、押すようにしながら、髪の毛の生え際から
頭頂部へ向けて、1ミリぐらい頭皮を動かすようにします。

シャンプーの時のように、頭皮をこするのではなく、指は頭皮に
押しつけたまま、頭皮そのものを動かします。

ゆっくりと「いち、に、さん、し、ご」と頭の中で
カウントしながら、1箇所につき5回動かしましょう。

(2)

指の位置を変えてください。生え際から頭頂部へ向かって、
(1)と同じ動作を繰り返します。

後頭部なら、部位を5つぐらいに分けて、
頭頂部までマッサージしていきます。

(3)

天頂部は片手の指を揃えて、百会を中心に同じリズムで5回押します。

(4)

後頭部が終わったら、耳の後ろ辺りに手を移動して、(1)の動作を
繰り返して、(2)のように頭頂部へ向けて指を移動します。

(5)

後頭部 ⇒ 耳の後ろ ⇒ こめかみ周辺 ⇒ 額と頭を4パートに分け、
そのすべてで(1)の動作を繰り返し、(2)のように
指を移動させて、頭皮全体をまんべんなく動かします。

これが1セットです

できることなら、3セットやりましょう。

時間がないときは1セットでも良いですし、もっと時間がないときは
最も気になるところだけをマッサージしましょう。

大切なのは、毎日全部やることではなく、
少しずつでも継続することですから。

重要なチェックポイント

  • 爪を立てるのではなく、指の腹を頭皮に押し当てて行うこと。
  • 「イタ気持ち良い」ぐらいの力加減で押すこと。
  • 頭皮を擦るのではなく、頭皮全体を動かすイメージで。
  • 頭皮を動かす方向も、指を移動させる方向も、
    すべて「生え際 ⇒ 天頂部」です。

おわりに

いかがでしたか?
実際にやってみると、気持ちいいでしょ♪

この育毛マッサージは薄毛を改善させるだけではなく、
更年期障害や眼精疲労にも良いので、
できれば朝と晩の1日2回 実践し、習慣化してください。

3セットやると、5~10分ほどかかりますが、
それだけの価値はあるはずです。

育毛剤を使用している方は、育毛剤を頭皮に馴染ませてから
育毛マッサージを行うとさらに効果的です。

さて次は、こちら。

身動きの取れない電車の中や、ちょっとした待ち時間でもできるので、
覚えておいて損はないですよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional