薄毛,女性,パーマ

薄毛の女性がパーマをかけるための条件

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛の女性がパーマをかけるための条件




薄毛になり始めると、パーマをかけたくなるのは私だけではないはず。
なぜならボリュームが出るから。

でもパーマもヘアカラーも薄毛にはダメージが大きすぎるのです。

パーマやヘアカラーが髪を傷めることは、女性ならよくご存知かと
思いますが、頭皮はもっと傷んでいるのです!

スポンサードリンク

パーマ液を付けるとき、ヒリヒリした経験はありませんか?
あの痛みが頭皮にダメージを与えている証拠です。

だから、薄毛が進行している方は、パーマをかけるのを我慢して、
ヘアアイロンやホットカーラーでボリュームを出すようにしましょう。

「ヘアアイロンだと、髪が傷む……」と憂慮する方も
おられるかもしれませんが、髪が傷んでも、薄毛にはなりませんよ。

パーマやカラーリングが良くないのは、髪の毛ではなく、
頭皮にダメージを与えるからなのです。

詳しいことは、こちらをご覧下さい。

それでも、どうしてもパーマをかけたい場合は

薄毛になってボリュームがなくなれば、なくなるほど
パーマをかけたくなるんですよね。

だから「絶対にダメ」とまでは言いません。

でも頭皮にダメージを与えることは確実なので、どうせパーマを
かけるなら、ちょっと値段の高い、髪に優しいパーマにしましょう。

髪に優しい分、頭皮にも優しいわけですから。
その分、ふつうのパーマより高くなりますが投資するのも良いですよ。

それでも、どうしても守って頂きたいのは、
「パーマの回数を減らす」ということです。

なぜなら、傷んだ頭皮は2~3ヶ月もかけて修復するものだからです。
なので、パーマをかけるなら3ヶ月周期がおすすめです。

パーマをかけない方が良い期間は

前に書いたように、スタイリング剤やカーラーを上手に使用して、
ボリューム感があるように見える工夫をして乗り切りましょう。

ただしスタイリング剤も薄毛には良くないので、

使っている場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

誰もが忙しくする朝に、ヘアアイロンを使うのは大変でしょうけれど、
お化粧と同じく、慣れればそんなに時間がかかりませんよ。

そんな時間がどうしても取れないという方のために、

髪形の工夫をテーマに記事を書きましたので、ご覧下さい。

一番良いのは、薄毛に悩んでいるのなら、
パーマもカラーリングも止めることですけどね。

「パーマをどうしてもかけたい」という場合は、
この記事に書いた注意点を覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional