ノンシリコンシャンプー,良質,理由

「ノンシリコンシャンプー=良質」とはいえない理由

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

「ノンシリコンシャンプー=良質」とはいえない理由




男性用のCMには、浅野忠信や豊川悦司。
女性用ではリン・チーリンが出演しているCM。
どちらも「ノンシリコン」を売りにしているシャンプーですね。

薄毛を気にする方が増えた表れなのか、男性誌だけではなく、
女性誌でもヘッドスパを特集にしていたり。

ノンシリコンシャンプーが流行しているのも
育毛への関心が高まっている証拠かもしれません。

スポンサードリンク

シャンプーの成分にこだわる癖がついた方ならお分かり頂けると
思うのですが「ノンシリコンだから良いシャンプー」ではありません。

ノンシリコンだと確かに、頭皮には良いのですが、コーティング成分は
シリコン以外にもたくさんあるため、そういった成分が含まれていれば
ノンシリコンシャンプーを使用しても、期待した効果は得られません。

加えて、コーティング成分にも利点があって、
シャンプーするときの摩擦から髪を保護する役割があります。

問題なのは、コーティング成分が頭皮の毛穴を塞ぐ可能性が
あることですが、注意すべき点はそれだけにとどまりません。

どんなシャンプーでも、成分チェックが必要

シャンプーで他の何よりも大切なことは、
「どんな洗浄成分を配合しているのか?」ということです。

たとえコーティング成分が含まれていないシャンプーであっても、
洗浄成分に品質の粗悪なものを使用していたら、何にもなりません。

冒頭に挙げた2つの製品は、いずれも洗浄成分にこの記事で書いた
成分が入っていますので、あまりおすすめできません。

スポンサードリンク

シャンプーは髪の毛よりも頭皮を洗うためのものなのですから、
ノンシリコンにこだわって、洗浄成分に無頓着なのは本末転倒です。

どんなシャンプーでも、すすぎが大事

というのは、シャンプー後は洗い流すものですから、それを前提として
様々な、残留すれば害をもたらすような成分も入っているからです。

使用しているシャンプーがノンシリコンでも、石鹸シャンプーでも、
アミノ酸系でも、すすぎの時間をシャンプーの2倍は取りましょう。

またコーティング成分が含まれていないシャンプーを使っていても、
コンディショナーにコーティング成分が配合されていれば、
頭皮の毛穴を塞ぐ可能性があります。

ですから、ノンシリコンにこだわるなら、シャンプーも
コンディショナーもノンシリコンに統一するか、

あるいは、正しい使い方をすることで、頭皮には付けないように
十分、注意しましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional