朝シャン,薄毛,進行

朝シャンで、薄毛を進行させないための条件

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

朝シャンで、薄毛を進行させないための条件




朝にシャンプーすることを朝シャンといいますが、朝シャンするのは
脂性の男性や髪のニオイを気にする女性に多いと聞きます。

スポンサードリンク

脂性の男性は朝シャン後、夜の入浴時にも2回目のシャンプーを。
ニオイを気にする女性は朝シャンし、夜はシャンプーを使わないとか。

どちらのタイプも注意しないと、薄毛の進行に繋がる恐れがあります。

1日に2回シャンプーをすると、洗いすぎになる場合

頭皮には適度に皮脂がある状態が正常です。皮脂が多くなると
ベタつくため、頭皮が脂っぽい方はシャンプーの回数を増やしがち。

脂性の方が好むシャンプーは洗浄力が高い傾向にあるため、頭皮に
とって必要な皮脂まで、根こそぎ取り除いてしまうことが多いのです。

皮脂は頭皮を守る保護膜のようなものですから、それがほとんど
なくなると頭皮を守るために、私たちの身体は皮脂を過剰分泌します。

皮脂の分泌量が増えればさらにベタつきやすくなるわけで、
またシャンプーの回数を増やしたり、1回に使うシャンプー剤の量や
洗髪時間を増やすことに繋がり、さらに皮脂が増える……。
という悪循環に陥りかねません。

また、脂性ではないのに洗浄力の強いシャンプーを使用したり、
シャンプーの回数を増やしている場合は、頭皮の乾燥を招き、
フケ・かゆみ・湿疹の原因になる可能性があります。

朝だけシャンプー剤を使い、夜は使用しない場合

朝シャンする方は、ゆっくり湯船に浸かるわけではなく、
シャンプーだけをするから、良くないんですね。

この記事で書いたように薄毛を改善したい場合は、シャンプーする
前にゆっくり湯船に浸かることを推奨しています。
そうするとしっかり毛穴が開くため、頭皮をよく洗えるんです。

また、朝は誰しも忙しいため、すすぎなどが雑になりがちです。
するとシャンプー剤が頭皮に残留します。

シャンプーには「しっかり洗い流すこと」を前提とすることで、
やや危険な成分を配合している製品がたくさんあるのです。

などの記事で述べたように、洗浄力を求めた結果の必要悪だったり、
別の効果――例えば、髪をサラサラにする効果が、薄毛を気にする
場合にはマイナス要因になってしまったり、ということが起こります。

すすぎが雑になると、そういった頭皮にとって好ましくない成分が
洗い流されることなく、頭皮や毛穴に留まるわけですから、
育毛を阻害し、薄毛を進行させることに繋がるわけですね。

スポンサードリンク

正しいシャンプーにはそれなりに時間がかかります

だからこそ、時間が取りやすく、ゆっくりできる夜にこそ
入浴とシャンプーをして頂ければ、と思います。

正しいシャンプーの仕方については、こちらを参照してください。

「どうしても朝シャンしたい、でも薄毛はダメ」という場合

ここまでお読みになったあなたなら想像がつくとは思いますが、
薄毛を改善するために必要なことは、

  • シャンプー前にゆっくり湯船につかること
  • それなりに時間をかけて、丁寧に洗髪すること
  • シャンプーで皮脂を取り過ぎないこと
  • しっかりすすぎをし、シャンプー剤を頭皮に残さないこと

などの条件をクリアすればいいわけです。

「入浴を伴うと、もはや朝シャンじゃないでしょ?」という声も
聞こえてきそうですが、あなたの生活スタイルに合わせるか、
生活習慣を改善するなどして、快適な育毛生活を送りましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional