薬用シャンプー,薄毛,改善

「薬用」シャンプーは薄毛を改善できる?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

「薬用」シャンプーは薄毛を改善できる?




シャンプーや育毛剤の中には、効果効能をアピールするためか、
「薬用」と名の付くものがあります。

なんとなく良い効果がありそうですけど、「医薬部外品」なんですね。

スポンサードリンク

「医薬部外品」というのは、医薬品ほどの効果はなく、
効果が穏やかで、改善よりは予防に重点をおいたものになります。

また製造には厚生省の認可が必要ですが、販売には特別な許可が
不要なため、ドラッグストアなどでふつうに買えますよね。

もともとシャンプー剤は髪や頭皮を清潔にするのが主目的ですから、
薄毛への効果効能を気にするよりも、その洗浄力によるダメージを
最小限に抑えることと、育毛のための頭皮環境を整えることに
注視した方が良いかと思います。

医薬部外品には、全成分の表示義務がありません

育毛剤には、医薬品・医薬部外品・化粧品が混在しています。

医薬品は医師や薬剤師にしか扱えないため、購入の際には
効果・効能・副作用の説明を受けることができますし、
きちんと表示もされています。

問題は特別な許可がなくても買える医薬部外品・化粧品のうち、
化粧品にも全成分の表示義務があるにもかかわらず、
医薬部外品にはその義務がない、ということです。

全成分の表示義務はなくとも「アレルギーなどの皮膚障害を起こす
可能性のある成分名」だけは表示が義務付けられています。

一応、医薬部外品関係団体の定めた自主基準に基づき、
配合されているすべての成分について、それらの名称を
製品の外箱などに表示させることになってはいますが、
あくまで「自主基準」であって、罰則などはありません。

スポンサードリンク

当然、配合量も不明

表示方法にも差異があり、化粧品は配合量の多い順に成分を
表示することになっていますが、医薬部外品は有効成分と
その他の成分とに分かれているだけなのです。

意地悪な見方をすれば、有効成分がほんの少ししか入っていなくても
「有効成分」として表示してもよいことになります。

その有効成分の配合量も「メーカー側が効果を認めた量」であって
国が効果を認めたわけではありません。

「薬用」シャンプーに過剰な期待は禁物

薬用シャンプーについて まとめますと、

  • 効果が穏やかで、改善よりは予防に重点をおいたもの
  • 全成分の表示義務がなく、配合量も不明
  • アレルギーが引き起こされる可能性のある成分の表記はある

これらのことを踏まえると、後はあなたの気分しだいですね。
効果が穏やかでも、有効成分が全くないよりはいいと思うか、
もっと別のシャンプーを探したくなるのか。

今まで お肌を改善するために、いろいろな成分の配合された
化粧品を使用してきた経験のある女性なら大丈夫です。

薄毛を改善するために、シャンプーや育毛剤を選ぶのも同様です。
成分表示をチェックして、頭皮と髪の毛の変化を観察してくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional