薄毛,改善,睡眠

薄毛を改善する睡眠のとり方|習慣化でアンチエイジングも

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛を改善する睡眠のとり方




この記事で述べたように睡眠不足が薄毛を招きます。
睡眠時間が不足したり、質が低下すると成長ホルモンの分泌が
それだけ少なくなるからなんですね。

薄毛を治すためには、早寝早起きの生活を送りましょう。
できれば夜9時~9時半には、お布団の中に入っているといいですね。

スポンサードリンク

そうすれば夜10時にはぐっすり眠れていると思いますので、育毛の
ゴールデンタイムを経て夜明けとともに目覚めるとすっきりします。

育毛にとって理想的な生活リズムですし、人間が本来もっている
生体リズムですから理に適った、健康に良いものなんですよ。

体温の変化を考えると、早朝4~5時が最も低く、それから徐々に
上がっていき、体温が最も高くなるのが夜の7~8時。
そこから再び下降線を辿ります。

この体温が下がり始めるときに、人間は眠気を感じます。
習慣化すると眠りやすいですし、睡眠も深くなりますよ。

それでも寝付きが良くない場合は

就寝前にホットミルクを飲んでみてください。

牛乳には「トリプトファン」という必須アミノ酸が含まれています。
これが体内に入ると「セロトニン」という神経伝達物質に合成されて、
睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の分泌を促進することで
よく眠れるようになりますし、睡眠の質も良くなります。

また牛乳には「カルシウム」が含まれていますよね。
カルシウムには精神を安定させる効果があります。
温めることによってリラックス効果も得られるため、
寝付きが良くなるんです。

スポンサードリンク

育毛に理想的な睡眠をとるには、生活を前倒しに

仕事をされている場合は、なるべく残業をしないためにも
仕事を効率よく こなすための時間管理術を身につけましょう。

朝早くに出勤して仕事を始められる環境にあるのであれば、
就業時間には終えられるように、仕事を前倒しにするといいですね。

帰宅後~就寝までの間が短すぎて時間が足りないという場合は、
翌朝に回せるものを選びましょう。
自己啓発などの学習は朝の方が効率的ですから。

こういった工夫をして早寝早起きの生活リズムを取り入れていくと、
頭皮の健康に変化が訪れるのを実感されると思います。

成長ホルモンはアンチエイジング治療として注射するのが流行する
ぐらいですから、早寝早起きも理想のアンチエイジング法といえます。

早寝早起きの生活リズムが崩れたら

せっかく頭皮が健康的になっても、ちょっと夜更かしをすると
頭皮に違和感があったり、突っ張ったりします。

そんなときは、丁寧に育毛マッサージをして入眠すると
夜更かしによる薄毛への影響を軽減できますよ。

今までの生活習慣を変えることは大変ですし、ご家族の都合も
考慮しなければならない、ということもあるでしょう。

しかし早寝早起きを習慣化できれば薄毛の改善につながるだけでなく、
お肌の調子も良くなりますよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional