湯シャン,良い

湯シャンのやり方|抜け毛を減らすために

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

「湯シャン」が良いと言われたのは、なぜ?




「湯シャン」というものが一時期 流行りましたね。
あなたはご存知ですか?

「湯シャン」というのは、お湯だけで洗髪すること。
シャンプーもコンディショナーも使わないんですね。

想像するだけで、なんとなく頭が臭ってきそうですが……。

それでも「良い」と言われるからには、それなりの理由があるはず、
と思った私は「薄毛に良いかも?」と挑戦してみたのでした。

スポンサードリンク

しかし「お湯」だけだと皮脂汚れが落ちないわけで……。
10日も経たずに挫折しました。

頭はかゆいですし、髪の毛は臭く、パサパサに。
そのせいで、家族からはブーイング……。

そんなこんなで「薄毛に良いかどうか?」を
検証するどころではありませんでした。

成功の秘訣……?

湯シャンの専門家なる人物がおっしゃるには、
私のように「いきなりシャンプーの使用を止めるのではなく、
シャンプーの使用量を徐々に減らしていくのが成功の秘訣」だとか。

「だんだん頭皮がベタつき始めて、髪の毛がゴワゴワしてくる。
その段階を耐えて、乗り越えること」が必要らしいです。

なんだかジャングルの奥地へ、旅するような気分になってきます。
「シャンプーをせずに、辿りついた先には……!」みたいな。

私には我慢が足りなかった、というわけですね。

スポンサードリンク

よくよく調べてみると

専門家の間では「シャンプー剤を使った方が良い」
という意見が圧倒的でした。

その理由は、頭皮が新陳代謝することにより、皮脂が溜まるからです。
シャンプー剤を使用しなければ、皮脂が頭皮に残りやすく、
ダメージになるため、薄毛を進行させる原因になるのだとか。

ただこの記事にも書いたように、

一般的なシャンプーには、頭皮トラブルを起こす要因があります。
弱い毒性が懸念される種類の界面活性剤や、ヘアケア成分ですね。

頭皮が弱く炎症を起こしていた方が「湯シャン」をすれば、
炎症の原因となりうる化学合成物質が、頭皮に触れなくなるため
一時的に改善した、だから「湯シャンが良い」と。

アトピー肌や敏感肌の方の間で「湯シャン」が流行したのも頷けます。

2日に1回のシャンプーだと

2日に1回の頻度で、「湯シャン」をすることになります。
汗をかきにくい寒い季節に、洗浄力の強いシャンプーを使うのは、
「頭皮に酷」だと思われる場合などですね。

頭皮のトラブルに悩まされているという場合は、こうした
シャンプーを使わない日を設けると、頭皮を刺激しないことに
繋がるのではないでしょうか。

できれば「植物由来成分」などが入った、頭皮に優しいシャンプーを
取り入れていくことで、育毛に適した頭皮環境を整えていきましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional