更年期,薄毛,女性ホルモン

更年期の薄毛は急減した女性ホルモンが原因

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

更年期の薄毛は急減した女性ホルモンが原因




更年期を迎えると、急激に減るのが女性ホルモンです。
そのせいで更年期障害が起こり、特有の症状を引き起こします。

髪の成長のピークは女性で25歳ぐらいなので、それ以降は
老化に伴って男女共に、徐々に薄毛になっていきます。

けれど更年期を迎えた女性が、急に薄毛になり始めたのなら、
更年期障害の1つと考えられますね。

スポンサードリンク

ちょっとこの図を見てください。

プレ更年期といわれる40歳前後から、50代にかけて、
女性ホルモンが急激に減少しているのが分かると思います。

2つある女性ホルモンのうちの1つであるエストロゲンには
髪の毛を生成し、髪の成長を持続させるという作用があります。

更年期に伴い、エストロゲンが減少するわけですから、更年期女性が
薄毛になるのは、ごく自然なことなのです。

更年期女性のすべての方が薄毛になるわけではない

更年期障害の程度は様々で、更年期症状が見られない方もいれば、
一方であまりにひどくて、病院に通い続ける方もおられます。

ですから、更年期の女性のすべてが薄毛になるわけではないのです。

女性の薄毛の原因は複雑で特定しにくいものですが、更年期に伴う
薄毛であれば、女性ホルモンの減少に起因している確率が高いですね。

そこでこのサイトでは女性ホルモンを自然に増やすことで、
育毛に繋げていく方法をいろいろとご紹介しています。

女性ホルモンを自然に増やすことを、おすすめする
理由などについては、これらの記事を読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional