ヘアスタイル,薄毛,隠す

ヘアスタイルで薄毛を隠すコツ

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

ヘアスタイルで薄毛を隠すコツ

薄毛が気になり始めた途端、ヘアスタイルに頭を悩ませるものです。
行きつけの美容師さんに正直に相談できれば一番良いのですが、
私からも経験からのアドバイスをお伝えしますね。




前頭部が気になる場合

前髪をアップにして後ろに流しましょう。
分け目をつけない感じ、オールバックのようなものです。

お察しのとおり、この髪形はパーマをかけないと「ふわっと」させ
続けるのは難しいと思います。髪にコシのある方だと問題ありません。

スポンサードリンク

でも薄毛の女性がパーマをかけるわけにはいきませんから、

毎朝、時間に余裕があり、セミロング以上の方で、薄毛が
頭頂部だけなら、ヘアアイロンやホットカーラーである程度隠せます。

髪にコシがなく、朝に時間が取れない方

私の髪の毛は細くてコシもなく、毎朝ヘアスタイルにかける時間も
それほど取れなかったので、サイドで分けるようにしていました。

前頭部が薄いのにもかかわらず、真ん中で分けると目立ちますから。

横分けに変えるぐらいであれば、イメージにあまり変化がなく、
周りにも気づかれにくいので、おすすめします。

注意点としては、時々、分け目を左右で変えるようにしましょう。
同じ所で分けてばかりいると、その部分の薄毛が目立ってきますから。

前髪があって、どうしても前髪をおろしたい方

美容師さんに「前髪を多くして」とお願いしましょう。
そうすると、頭頂部付近から、前髪としてカットしてくれますよ。

こうすれば、前頭部の薄いところがかなり隠れます。

難点を挙げるなら、この方法は頭頂部から髪を前にもっていくので、
つむじや頭頂部の辺りが薄くなり、目立つことですね。

スポンサードリンク

美容師さんのアドバイス

「前髪と前頭部の髪を軽くする?」と訊かれるかもしれません。

「そういうふうに隠す方もいるから」とのことでしたが、なんとなく
引っかかったので訊いてみると、髪の毛が立ち上がりやすくなれば、
薄毛が隠れやすいそうです。

ただ、髪にボリュームを持たせても、薄毛が目立つほどに
進行している場合は、むしろ薄毛が目立ってしまう、とのことでした。

私の場合、髪が細くてコシもなく、立ち上げるのも苦労するぐらい
なので、この提案をお断りしました。

相談にのってくれる美容室へ

薄毛の進行具合も、髪の毛の性質も人それぞれですから、
親身になって相談にのってくれる美容師さんにアドバイスを
求めるのが手っ取り早いと私は思います。

相談にのってくれないような美容師さんなら、これ以上、余計な
ストレスを抱えないようにするためにも、お店を換えましょう。

お気に入りの美容室を見つけるのは苦労するかもしれませんし、
私は応援しかできませんが、どうにかがんばって見つけてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional