髪形,決まらなくて,イライラ

髪形が決まらなくて毎朝イライラしていました

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

スポンサードリンク

髪形が決まらなくて毎朝イライラしていました




私がヘアスタイルに興味を持ち始めたのは、薄毛になってからでした。
なんとも皮肉な話ですが薄毛を隠すのに必死でしたね。
おしゃれが二の次なんて、ちょっと悲しいですけど。

美容師さんにも、髪形を工夫してもらい、寂しくなった頭頂部を
どうにか隠せるようにとお願いするようになりました。

そうこうしているうちに辿りついたのが、前髪を増やす髪形です。

カットだけでは隠せないので……

とにかく他人の目ばかりが気になって、薄毛を目立たなくする日々。
でもカットだけではどうしても、上手くカバーできませんでした。

それまではパーマをかけていたんですが、髪の毛に悪いと知ってから
パーマをやめ、ホットカーラーに切り替えました。

毎日、早く起きるようにして、30分ぐらいかけてましたね。
根元から立ち上げて「ふわっ」と横に流すようにして、
前頭部の薄いところを隠すように気をつけていました。

スタイリング剤も惜しまず、ふんだんに使用していましたね。
私の髪の毛はコシがないので、長時間でも髪形をキープできる
製品を選ぶようにしていました。

そこまでしても、終業に近づくころにはヘタってくるので、髪のこと
ばかりが気になって、仕事への集中力に欠けることも多かったのです。

スポンサードリンク

髪のことを気にしては、イライラするばかり……

当時を振り返ると、このイライラが最も良くないんですよね。

円形脱毛症の原因がストレスだと言われているように、ストレスを
増やしていくことで、さらに薄毛がひどくなったような気がします。

また、スタイリング剤の使い方も良くなかったようです。
たっぷり使わないと効果が薄れるような気がして、少しぐらい
頭皮についてもお構いなしでしたから。

日常生活には薄毛になる危険がいっぱい

こんなふうに日々の生活の中に、薄毛の原因になりそうなことが
たくさんあるんですよ。

ヘアケアは特に、間違いが多いように思います。

薄毛が気になり始めたら、スタイリング剤だけではなく、
シャンプー剤やシャンプーの方法なども見直してみてくださいね。

最も気を付けたいのは、薄毛を気にしないことです。
気にするとストレスが溜まり、身体も疲れてしまいます。

まったく気にしないというのは無理でも、ストレスが溜まらないよう、
あるいは、ストレスを感じたらすぐ発散するクセをつけましょう。

更年期でも女性の薄毛は治りますから、たとえほんの少しでも、
前向きな、リラックスした気分で、薄毛と向き合ってくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional