白髪染め,大丈夫

あなたの白髪染めは大丈夫ですか?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

スポンサードリンク

あなたの白髪染めは大丈夫ですか?




私は若白髪だったため、30代に突入するころにはすでに白髪染めを
使っていました。今思えば、これも薄毛の原因の1つなんですよね。

白髪染めは製品によりけりですけど、パーマ液よりも
さらに強い毒性があることを、あなたはご存知ですか?

白髪染めの第一剤に含まれていることの多い、パラアミノフェノールや
パラフェニレンジアミンなどの成分は、強いアレルギー反応を
引き起こすことが確認され、1991年にフィンランドでは
販売禁止になっています。

これらの成分を含んだヘアカラーで死亡事故の起こった国もあります。
発ガン性を指摘した研究もあるなど、極めて危険な成分が、
白髪染めやヘアカラーに使われていたということなんですね。

他にもある、危険な成分にご用心

上に挙げた他にも、語尾に「~アミノ」「~アミン」「~ジアミン」
などと付いた成分は、パラフェニレンジアミンと同じような
働きがある成分なので、なるべく避けるようにしてくださいね。

また白髪染めの第二剤にはオキシドールが6%も含まれています。
消毒用のオキシドールが3%なので、その強さが想像できるでしょう。

白髪染めに含まれているオキシドールは、その強力な殺菌力で、
頭皮に存在する大切な常在菌まで、殺菌してしまいます。

つまり白髪染めには髪の毛だけではなく、頭皮にも悪影響をもたらす、
毒性の強い成分が多く含まれているということですね。

あなたが白髪染めを使う場合は、容器に書かれてある成分をチェックし
髪の毛と頭皮の両方に優しい成分を選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional