旬,青魚,薄毛

旬の青魚を積極的に食べて薄毛を治しましょう

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

旬の青魚を積極的に食べて薄毛を治しましょう




更年期女性で薄毛を治したい方は、魚介類の中でも青魚、
それも栄養豊富で美味しい、旬の食材を食卓に取り入れましょう。

アジ、サバ、サンマなどの青魚には、髪の毛を作るタンパク質の
中でも良質なものが含まれています。

スポンサードリンク

また「EPA」「DHA」「タウリン」なども育毛に効果的です。血液中の
コレステロールや中性脂肪を減らし、血流を良くするからです。
アジ、サバ、サンマにはこれらが豊富に含まれているんですよ。

旬の青魚なら、栄養豊富な上に安いので、経済的ですね。

加えて青魚には、ビタミンB2やビタミンB6が含まれていることが
多いのです。これらの栄養素は、タンパク質の分解を助ける
ビタミンB群の中でも、特に薄毛や抜け毛予防に効果があります。

「ビタミンB群」というのは、ビタミンB1~B16まで8種類あり、
互いに助け合いながら身体の中で働くため、セットで摂りましょう。

ビタミンやミネラルの働き方は複雑

これら微量栄養素の作用は複雑なので、ここではそのいくつかしか
取り上げていませんが、「それだけをビタミン剤で補給すればいい」
というものでもありません。

育毛のためにも、まんべんなく食べるのが理想です。

ビタミンB2は毛母細胞の新陳代謝を活発に

ビタミンB2は新陳代謝を活発にすることで、毛母細胞の分裂にも
大切な働きをします。

眼精疲労の解消や、脂肪の分解を助ける作用もありますので、
携帯電話を多用する方や、パソコン作業の多い方におすすめです。

ビタミンB2は青魚の他には、うなぎやレバーにも豊富です。

ビタミンB6は、健康な髪の毛の生成を補助する

ビタミンB6も皮膚の新陳代謝を助ける作用があり、特に髪の毛を
構成するタンパク質(ケラチン)の生成を助けます。

だから健康な髪の毛には必要なビタミンといえますね。

ビタミンB6はサケやマグロ、ナッツ類やバナナにも豊富です。

タウリンも血液をサラサラに

牡蠣などの貝類や、魚の血合い、イカやタコにはタウリンが
多く含まれています。

タウリンは肝臓の機能を高めて、コレステロールの排出を促します。
EPA や DHA とは別の形で、血流を良くしてくれるんですね。

だから脂肪肝の気になる方、お酒の好きな方は、
貝類やイカ、タコ、エビなどをおつまみにするといいですよ。

タウリンが多く含まれている食材としては、他にタイもそうなんです。

こういった食材の「旬」を意識して、育毛に必要な栄養素を
効率良く摂取していきましょうね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional