薄毛,髪,分け目

薄毛が気になり始めたのは、髪の分け目でした

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛が気になり始めたのは、髪の分け目でした




薄毛に悩み始めた女性なら、誰でもそうだと思うのですが、私の場合、
最初に薄毛が気になり始めたのは、髪の分け目からでした。

何の前触れもなくある日、いきなり分け目が広がったような気がして、
よ~く鏡を見てみると、昨日まで一直線だった分け目が地割れみたいに
ギザギザになっているように見えたんですよね。

スポンサードリンク

だからセンターから分けていたのを無意識のうちに横分けに変えて
いました。薄毛を隠すために。40代に入ったころですかね。

振り返ってみると、これが更年期と薄毛の始まりだったんですね。
でも当時はそこまで深く考えてはいませんでした。

長い間、同じところで髪を分けていたので、変なクセがついたのかな、
とか、ただの思いつきで理由付けしていましたね。

数年後、つむじ周辺の薄毛が気になり始めた

たぶん、50代手前ぐらいだったと思います。
頭皮が赤みがかっていました。

薄毛もお肌の老化(嫌な言葉です…)とともに少しずつ進むものだから
気づいたときには、けっこう進行していたり……。
などと、よく聞く話ですが、私も全く同様でした。

スポンサードリンク

どうせなら、分け目の薄毛が気になったときから、進行を食い止める
対策や育毛方法について考えていれば良かったんですが、そのときは
何もしなかったんです。

軽く考えていたのかもしれないし、薄毛だということを
認めたくなかったのかもしれません。

今さら言ってもしょうがないのですが、もっと早く薄毛と向きあって
いれば、うつになりかけるような状態にはならなかったのに……。

悔しい気持ちでいっぱいです。

このサイトを訪れたあなたはそんなひどい状態に
ならないよう、注意してくださいね。

そして、そんな私でも、50代に入ってから本気で育毛法を実践し
続けた結果、髪の毛が蘇ったのですから、このサイトに書いている
私の経験を活かして、あなたの育毛生活に役立ててくださいね。

あなたも、きっと、大丈夫ですよ。

重要なのは、焦らないことと、諦めないことです。

焦るとストレスになって、薄毛が進む要因になりますし、諦めずに
続けていけば、あなたの薄毛も快方に向かうはずですよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional