目,疲れる,薄毛

「目が疲れると薄毛になりやすい」って本当?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

「目が疲れると薄毛になりやすい」って本当?




目の疲れが薄毛の原因になる、なんて信じられないかもしれません。
でも実は深いところで関係しているのです。

スポンサードリンク

目を酷使すると網膜が傷つきます。その傷を修復するのに
欠かせない栄養素が、システインというアミノ酸の一種です。

そしてシステインは、髪の毛を構成するタンパク質の成分の1つ。
目が疲れると、髪の毛を作る材料が、網膜の修復に回されるので
髪の毛を作るのは後回しになるのです。

システインが十分でなければ髪が生えてこなくなります。
身体にとっては髪の毛よりも目を健康に保つ方が重要ということです。

精神を病んでも、生存の危機ではないという現実

たとえ「目が少々悪くなっても構わないから、薄毛を治したい!」
と思っても、どうすることもできません。

スポンサードリンク

「生命を守る」という意味では、髪の毛の優先順位は低いのです。
髪の毛にも身体を守る役割はありますが、髪がないからといって、
生命がおびやかされるわけではありませんよね。

でも髪の毛が豊かか、そうでないかによって人生が変わります。

この記事で告白したように、髪がないとどんなに辛いのか、
私は身にしみて知っています。

ですが、残念なことに私たちの身体は、心がどんなに辛くても、
それを「生存の危機」とは認識してくれないようです。

システインが足りなくなると……

システインはタンパク質の成分の1つということは前に述べましたが、
髪を太く逞しくするコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

ですから目の酷使によりシステインが不足していけば、
太く美しい髪の毛が生成されなくなってしまいます。

パソコン、携帯電話、テレビなどの画面を長時間にわたって見る
環境にある方は、薄毛改善のためにも、十分に目をいたわりましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional