卵,髪,栄養

卵は髪を生成するための、栄養の宝庫です

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

卵は髪を生成するための、栄養の宝庫です




卵は一時期、コレステロールが多いと嫌われていたのですが、
その後、卵に含まれている「レシチン」という栄養素が
コレステロールを下げることが分かりました。

ですから、1日に1~2個ぐらい食べる分には心配はいりません。

スポンサードリンク

といっても、すでに高コレステロール症などの病気をお持ちの場合は
医師に相談するべきですが、そうでなければ育毛におすすめなのです。

その理由は、卵には良質なタンパク質を含んでいるだけではなく、
皮膚や髪の毛の健康維持に不可欠なビオチン(ビタミンH)が
含まれているからなんですね。

ビオチンは本来、腸内で生成されるので不足の心配はなかったのですが
最近の研究では、不規則な生活を送っている現代人は、
不足気味だということが報告がありました。

ビオチンが不足すると……

ビオチンは髪の発育に関係していますので、これが不足すると、
白髪や抜け毛が増えるということになりますね。

また皮膚をキレイにする作用があるので、シワが気になる
更年期女性には、そういった意味でも卵をおすすめします。

スポンサードリンク

その他、卵をお勧めするポイントとしては、大豆類に含まれていない
ビタミンAとビタミンEの双方を含んでいることです。

だから納豆に卵をかけて食べると、豊富な栄養素を一度に摂取できる、
とても優れた食べ方といえそうです。

卵は亜鉛や鉄など、髪の毛を作るのに関係する
微量栄養素の宝庫ですしカルシウムも多いので、
骨粗しょう症が気になる方には嬉しいですね。

卵は1年中 買えますし、安く、安定供給されている食材なので、
1日1個は必ず食べるように心掛けてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional