ヘアカラーリング,薄毛,原因

ヘアカラーリングは薄毛の原因になります!

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

ヘアカラーリングは薄毛の原因になります!




あなたはヘアカラーリング剤で髪を染めていますか?
もし染めているのなら、それが薄毛の原因の1つなんですよ!

ヘアカラーが髪の毛を傷めるのは、女性にとっては常識ですが、
問題は髪にダメージを与えることではなく頭皮に与えることなのです。

スポンサードリンク

美容室でカラーリングしてもらうとき、「しみませんか?」と
美容師さんに訊かれますよね。

ヘアカラーリング剤は皮膚に刺激を与えることがあります。
美容師さんが必ず手袋をしているのが、その証拠です。
手袋がないと肌が荒れるんですね。

肌が荒れる危険性がある、ということは、
同じ皮膚である頭皮も荒れるかもしれない、ということです。

アレルギー反応を起こすことも

最近では美容室に行かなくても自分で染められるヘアカラーリング剤が
たくさん販売されていますよね。

そして必ず書かれている注意書きが、
「アレルギー反応を起こすことがある」というものです。

過去にこんな事故がありました。
美容師さんがヘアカラーのせいで、アナフィラキシーショックとなり、
急性呼吸不全を起こして、救急車で運ばれたのです。

アナフィラキシーショックとは、急性アレルギー反応のことです。

使用前にはパッチテストを

そういう大事に至らないように、ヘアカラーリング剤の
説明書には、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)をするよう、
書かれてあると思います。

私が使っていたヘアカラーリング剤には、毛染めする48時間前に
パッチテストを行うように書かれてあります。

ちょっと面倒ですが、肌に合わなければ大問題に発展しかねないので、
新しいヘアカラーリング剤を使うときは、注意しましょうね。

また「今までアレルギー反応が出なかったから」という理由だけでは
あなたにアレルギーがない、ということにはなりませんし、
頭皮が傷んでいない、という証明にもならないのです。

スポンサードリンク

アレルギー反応がまだ出るかもしれない理由とは?

花粉症を例に挙げると分かりやすいと思うのですが、花粉症は
年齢に関係することなく、突然、発症しますよね。

私の友人は40代に入ってから花粉症になりました。

こういったアレルギーというのは、アレルギー原因物質が
長い年月をかけて体内に蓄積されていき、臨界点を迎えると
発症するのです。

その臨界点には個人差がありますので、人によっては、
一生、花粉症にかからないという方もいることでしょう。

ヘアカラーリング剤のアレルギーも同様で、更年期に入るということは
それなりに年齢を重ね、臨界点に近づいていることは確かですよね。

ヘアカラーによるダメージが臨界点に達したから、薄毛という症状が
現れたのかもしれません。

薄毛を治すためには、原因は1つでも減らすべき

女性の薄毛の原因はいくつも考えられ、特定するのが難しいため
原因と思われるものを1つでも多く、少しでも早く、
取り除いておくべきです。

更年期になれば顔のお肌もシミ・シワが目立ってきますよね。
頭皮も同じように年齢を重ねているのですから、若いときと
同じようなヘアカラーをしていてはいけませんよ。

たとえ刺激を感じていなくても、頭皮は確実に傷んでいます。
薄毛の悩みを解消したいなら、今すぐヘアカラーを止めましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional