女性ホルモン,増やす,色

女性ホルモンを増やす色、ご存知ですか?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

女性ホルモンを増やす色、ご存知ですか?




更年期女性の薄毛は、急減した女性ホルモンが原因であることが多く、
それを積極的に増やせることは、この記事に書きました。

ここでお伝えしたいのは、それよりも もっとお手軽な方法です。
それは「色」を見るだけで、女性ホルモンが増えるのです。

スポンサードリンク

そもそも、女性ホルモンを増やす色があることを、ご存知でしたか?

女性ホルモンは、お金をかけなくても増やせる

女性ホルモンって、お高い注射や食べ物以外でも増やせます。
その「色」というのは、ピンク色です!

あなたはピンク色にどんな印象がありますか?
好きな方ですか? それとも苦手な色でしょうか?

ピンク色が好きな方は、もういくつもピンク色のアイテムを
持っていることでしょう。ひょっとしたら、お部屋が
ピンク色に統一されているのかもしれませんね。

でも苦手な方は、どうしましょう?

実は私もピンク色が苦手でした

私もピンクが苦手な方で、小さい頃から好きなのは、海のような紺色、
新緑よりも木陰から見上げたダークグリーンなどでした。
友人にはよく、地味だと言われましたが……。

スカートやフリルも大嫌いでしたね……って、
今でも得意な方ではありませんけど。

でも洋服のコーディネートに、わざわざ苦手なピンクを
取り入れる必要はないんですよ。

ハンカチなどの小物でもいいですし、枕カバーなどの寝具でも大丈夫。
私は新しく買い替えるものをなるべくピンク色にしていったのですが、
ものによっては、家族に嫌がられます。

だから、私物に限った方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

「ピンク色」にもいろいろあります

ピンク色といっても、何種類もありますよね。
ローズピンク、チェリーピンク、ブーゲンビリア、マゼンタなど。
和名だと、桃色、薄紅、虹色、珊瑚色、紅梅色などなど。

WebデザイナーがブログやWebサイトで使う色になると、
もっと種類が増えるんですよ。

口紅や布の色だって、バリエーションは豊富ですよね。

そのうち、洋服や部屋着、カーペット、カーテンなど、いろいろな
ものに取り入れてみてください。

女性ホルモンを増やすためには、日常的にピンク色を見ることが
大切なので、なるべくピンクを増やすように努力してみてくださいね。

あなたに、似合うピンクを見つけるために

いろいろなピンクを試してみると、好きなピンクや、
似合うピンクが見つかると思います。

「似合う色が分からない」とか「見つける自信がない」という方は、
専門家に、あなたに似合う色を診断してもらう方法もあります。

「パーソナルカラー診断」で検索すれば、たくさんヒットするはず。
お値段は決して安くはなく、1万~2万円ぐらいします。

薄毛を回復するためですからね。
思い切って投資するのも「あり」だと思いますよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional