タバコ,肌,頭皮

タバコは、肌にも頭皮にも良くありません

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

タバコは肌にも、頭皮にも良くありません




タバコが人間の身体に害をもたらすことは科学的に明らかですよね。
しかし、タバコと薄毛の相関関係が判明したわけではありません。

個人的な話ですが、私自身、喫煙者でしたが、薄毛の改善を
決意したことをきっかけにして、タバコをやめました。

スポンサードリンク

それで薄毛の改善に結びついたかというと、よく分かりませんでした。

頭皮に良いシャンプー剤に換えたり、育毛剤をいろいろ試したり、
生活習慣、食生活など様々な育毛法を実践してきましたので、
「タバコを止めたから、どうなった」とは言えないのです。

ただ、貧血気味だったのが良くなり、肌の色が明るくなりましたね。

いろいろ調べてみた結果……

タバコは頭皮に有害だと思うに至りました。

その理由は、タバコの主成分の1つであるニコチンは、
血液中に入り、毛細血管を収縮させる作用があるためです。

頭皮は特にこの悪影響を受けやすいため、
喫煙後 数分で、頭皮の表面温度が1~3度も低下してしまいます。

毛細血管が収縮すると、髪の毛を作る毛根への血流量が減りますので、
十分な栄養が行き渡らなくなることを意味します。

毛根を鞘のように包む組織を毛包というのですが、毛包の周囲には
毛細血管が網の目のように張り巡らされており、髪の生成に必要な
酸素や栄養素を毛包に運ぶ役割を担っています。

ニコチンはこの血流を妨害するわけですから、
タバコが髪の毛や頭皮に悪いのは明らかですよね。

その他、ニコチンが健康に与える悪影響

ニコチンは悪玉コレステロールを取り込みやすくするため、
「血管年齢」が年を重ね、どんどん血管が硬くもろくなるのです。

さらにタバコに含まれている一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと
結びつきやすく、酸素の約200倍ものヘモグロビンと結びつくことで、
赤血球の酸素を運搬する能力を奪っていきます。

喫煙者が走るとすぐ、息切れするのはこれが原因なんですね。
そして髪の毛が成長するためにも、酸素が不可欠なのです。

スポンサードリンク

タバコがお肌に良くない理由

タバコを吸うと体内のビタミンCが大量に消費・破壊されるのは、
ご存知でしょうか?

ビタミンCには本来、抗酸化作用があり、免疫機能を高めたり、
抗ストレス、活性酸素の除去といった働きをしてくれます。

そのためビタミンCが不足すると、コラーゲンの生成が妨害され、
皮膚の真皮層を構成できなくなるのです。

これが、タバコを吸うとお肌に良くない、といわれる理由ですね。
お肌に良くないタバコは、頭皮にも同じく良くないのです。

タバコに含まれる有害物質は200種類以上!

タバコには、4,000種類以上の化学物質が含まれているといわれており
明らかに有害ということが分かっている化学物質が200種類を越え、
その内、発ガン性が判明しているものだけでも60種類もあります。

喫煙できる場所が減る傾向にありますし、タバコも値上がりしたので、
薄毛に悩んでいるのなら、思い切って禁煙しましょうよ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional