イソフラボン,カプサイシン,育毛

イソフラボンとカプサイシンは育毛に効果的?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

イソフラボンとカプサイシンは育毛に効果的?




薄毛に悩んでいる女性であれば、大豆のイソフラボンと
唐辛子のカプサイシンが薄毛の改善に効果的という情報を
どこかで聞いたことがあるかもしれません。

これは名古屋市立大学医学研究科の岡本研二教授が2004年に
発表したもので、当時はマスコミに大きく取り上げられたようです。

それで公開されている岡本教授の研究内容を拝見しました。
興味のある方は読んでみてください。

スポンサードリンク

効果があったのは、プロペシアを併用した方

大豆のイソフラボンと唐辛子のカプサイシンで
発毛効果があったということが画像入りで強調されていましたが、
被験者はたったの22人です。

しかも「発毛に顕著な効果があった」と赤い字で書かれていたのは、
プロペシア(フィナステリドを商品化した医薬品)を併用した例です。

大豆は髪の育成に必要な食品なので積極的に摂取するとしても、
この研究内容を見て「唐辛子を育毛のために摂取しなきゃ!」
とは思いませんよね。

唐辛子には一時的な血行促進作用があり一見、育毛に良さそうですが、
岡本教授いわく「1日に必要なカプサイシンは2グラム。
一味唐辛子に換算すると、小さじ2杯分」という、
薬というよりは、劇薬に近いような量ですね。

辛いものが好きな方であれば、どうってことないかもしれませんが、
胃腸の弱い方だと、胃の粘膜が炎症を起こす危険性もあります。

あくまでも「一味唐辛子で小さじ2杯分を摂取するのなら」ですけど。

スポンサードリンク

本わさびとイソフラボンの実験でも効果があった

岡本教授の研究の主眼は「HGF-1」というもので、唐辛子だけではなく
わさびや生姜、お米の胚芽、海苔、納豆、緑茶などにも
含まれているということです。

「HGF-1」というのは、成長ホルモンの末梢での作用発現物質です。

今度の実験は「本わさびとイソフラボン」を AGA の被験者13名
(男性12名、女性1名)に摂取してもらった結果、半年後には
75%に育毛効果が見られたそうです。

13人の75%って、いったい何人でしょうか……。
小数点以下は、四捨五入ですかね。

実験するなら、イソフラボンを外してもらいたいものです。

唐辛子とイソフラボン、本わさびとイソフラボンの実験で
効果があったということは、イソフラボンの育毛効果が
認められたという解釈もできそうですね。

大豆には髪の毛を生成するのに必要な良質なタンパク質と、
女性ホルモンの代替物質であるイソフラボンが豊富なことは、

この記事で書いたとおりです。

育毛に大豆製品を推奨、唐辛子は「?」

大豆製品は今さら強調するまでもなく、昔から健康食として
親しまれてきましたし、種類も豊富なので、ふだんの
食生活で取り入れる機会を増やすのは難しいことではありません。

しかし唐辛子については、お好みでどうぞ。
胃腸の弱い方は、摂取しすぎに注意してくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional