びまん性脱毛症,女性,薄毛

びまん性脱毛症とは? 女性の薄毛は治ります

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

びまん性脱毛症とは?




「びまん」というのは、弥漫・瀰漫と書き、
「一面に広がること」を意味する言葉です。

びまん性脱毛症というのは、頭髪全体だけでなく、身体中の
すべての毛が薄くなることを特徴とする脱毛症です。

これは性腺刺激ホルモンの低下が原因となって起こります。

ちなみに性腺刺激ホルモンは脳下垂体から分泌され、
黄体刺激ホルモンと卵胞刺激ホルモンの2つがあります。

スポンサードリンク

多くの方が「びまん性脱毛症」と診断される?

女性の薄毛で最も多いのは、AGA(男性型脱毛症)です。
これは女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になることにより、
特に頭頂部が薄くなる、という特徴があります。

2番目に多いのが「慢性休止期型脱毛」です。
髪が全体的に薄くなる脱毛症で「びまん性脱毛症」とは区別されます。

しかし一般的には「円形脱毛症」以外の女性の薄毛は
「びまん性脱毛症」と診断されるケースが多いのです。

どういうことかというと、「円形脱毛症」は見れば分かるのですが、
その他の脱毛症はちょっと見ただけでは分かりません。

ですから「全体的に頭髪が薄くなること」を、AGA(男性型脱毛症)や
「慢性休止期型脱毛」をも含めて「びまん性脱毛症」といわれます。

薄毛の悩みが深刻ならば、医師に相談を

誰でも年齢を重ねると、髪の毛が徐々に薄くなっていくものですが、
それでも「気になってしょうがないから、早くどうにかしたい!」
という場合は、病院に行って医師に相談しましょう。

薄毛のことで病院に行くのは抵抗が大きいかもしれませんが、
急激な脱毛や、原因がよく分からない場合などは、様々な病気の
可能性が考えられますので、きちんと医師の判断を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

薄毛がちょっと気になる……という方は

「この程度の薄毛で病院に行くのは、ちょっと……」という場合は、
当サイトで紹介している育毛マッサージや、薄毛に効果的な
食べ物など、体質改善で治せると思いますので参考にしてくださいね。

まとめますと、悩みが深刻ならば早急に病院で受診すること、
気になる程度なら生活の中に育毛法を1つでも取り入れてくださいね。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional