薄毛,治す,湯船

薄毛を治すためには、ゆっくり湯船に浸かりましょう

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

薄毛を治すためには、ゆっくり湯船に浸かりましょう




あなたはお風呂に入るとき、ゆっくり湯船に浸かっていますか?

薄毛を治すためには、41~42度ぐらいのお湯に、
首までゆっくり浸かるのがいいんですよ。

このくらいの水温だと、肩や首の血行を良くしながら、新陳代謝を
促せますし、たくさん汗をかくので頭皮の毛穴を広げるのに最適。

できることなら、20分以上はのんびりと浸かってくださいね。

スポンサードリンク

ただ、41度以上のお風呂だと交感神経を刺激してしまうため、
お風呂上りにすぐ眠るのは困難なこともあります。

人間の身体は、体温が下がると共に眠気を感じますから、
就寝の1時間前にはお風呂から上がっているくらいがおすすめです。

「そこまで時間が取れない」という場合は、ちょっと低めの39度
ぐらいの ぬるま湯に30分ほど浸かると薄毛にいいんです。

汗をかきやすく、リラックスできるので、質の良い睡眠に繋がります。

汗をかく工夫で、頭皮の老廃物も押し出しましょう

夏場でもなるべくシャワーで簡単に済ませるのではなく、
ぬるま湯でもいいので、湯船に浸かるようにしましょう。

前にも述べましたが、血行が良くなり、冷え性の改善にも効果的です。

ビニール製のシャンプーハットがあれば、それをかぶって
頭皮にしっかり汗をかくのがおすすめです。

汗腺だけではなく、皮脂腺からも頭皮の下に溜まっている
老廃物が押し出されるため、シャンプーの効果が高まるのです。

ちなみに身体を温めるツボは首の後ろ、ちょっと下にいった所で、
骨が突き出ている辺りです。冷え性でお悩みの方は、
ここを熱いシャワーで温めると調子が良くなると思います。

また、以前は半身浴が健康にいいとかで一時期 流行しましたね。
水位や水温にもよるのですが、健康や心臓に良いという方も
いれば、悪いという方もいて、定説はないようです。

その辺りはお好みで、どうぞ。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional