アロビックス液,ミノキシジル,違い

アロビックス液とミノキシジルの違いは何?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

アロビックス液とミノキシジルとは、何が違うの?




アロビックス液とミノキシジルはどちらも、血管を拡張することで
育毛に効果があるとされている医薬品や成分のことです。

スポンサードリンク

それぞれ順に詳しく見ていきましょう。

アロビックス液というのは、胃下垂や慢性胃炎などの治療薬ですが、
外用薬としては、円形脱毛症などの治療に使われる医療用医薬品です。

なので、医師の処方なくして購入はできません。
処方してもらうには、皮膚科で脱毛症と診断される必要があります。

アロビックスの有効成分は「塩化カルプロニウム」で、
アロビックス液の含有率は5%となっています。

育毛効果が期待される理由は、塩化カルプロニウムが毛細血管を
拡張させ、頭皮の血行を促す作用があるためです。

血液の流れがよくなればそれだけ頭皮に栄養が届けられますからね。
逆に血行不良だと、髪を生やしたくても栄養不足に陥っていまいます。

塩化カルプロニウムの「配合率を2%」と少なくすることで、
医薬部外品として販売しているのが、「カロヤン」です。

ミノキシジルの育毛作用

ミノキシジルは頭皮の毛乳頭細胞に作用することで、アデノシンという
生体成分の分泌を促し、育毛に効果をもたらすといわれています。

ミノキシジルはアロビックスとは違い、日本では医療用医薬品としては
発売されておらず、医療用成分の実績もありません。

ミノキシジルもアロビックス同様、本来は高血圧を治療する内服する
血管拡張剤だったので、血行の促進により育毛に効果があると
思われてきました。

しかし最近の研究によると、それよりもアデノシンの分泌を
促す効果の方が高いということが分かってきました。

女性が得られる育毛効果には個人差があります

アロビックスとミノキシジル、いずれも男性用の薄毛を改善する
薬としての研究はどんどん進められているのですが、それでも
誰もが効果を実感するような、育毛効果は得られていないのです。

一方、女性が薄毛になるメカニズムは、男性のそれとは違いますし、
あなたの体質に「合う、合わない」がありますので、
育毛剤を選ぶなら、副作用のリスクを考慮しながら、
いろいろな育毛剤を試してみるしかありません。

スポンサードリンク

どちらも、副作用に要注意

  • アロビックスの副作用は、
    • 吐き気、嘔吐、胸焼け、胸部圧迫、発汗、腹痛、下痢など。
  • ミノキシジルの副作用は、
    • 頭痛、全身の発汗、むくみ、アレルギーによるかゆみ、
      発疹、かぶれ、ふけ症などです。

女性用育毛剤として販売されているのは、アロビックスの有効成分、
塩化カルプロニウムを配合しているのが「カロヤンガッシュ」で、
ミノキシジルを含んでいるのが「リアップレディ」です。

両方とも、一般用医薬品として国が認めていますので、
それなりに効果があるはずです。

ただ先ほども述べたように、効果には個人差があるものですし、
効果があれば、あったで、副作用が懸念されます。
だからこそ、薬剤師の解説なしに買えないようになっているのですが。

育毛剤だけに頼らないで

女性の薄毛の原因はいろいろありますので、育毛剤だけに
期待するのではなく、ストレッチや食生活の見直し・改善などにも
同時に取り組んでいきましょう。

スポンサードリンク

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional