アミノ酸系シャンプー,良い,本当

「アミノ酸系シャンプーが良い」って、本当?

自動的に転送されない場合、こちらをクリックしてください。

「アミノ酸系シャンプーが良い」って、本当?




「アミノ酸系シャンプー = 良質のシャンプー」
とうたった製品が増えていますね。

しかし「アミノ酸系」というのは、正式名称ではありません。

「アミノ酸系洗浄成分」という表記をよく見かけますが、これは
「アミノ酸系の合成界面活性剤を使っている」ことを意味します。

界面活性剤と、合成界面活性剤

界面活性剤というのは「水に馴染みやすい性質と油に馴染みやすい
性質とを併せ持ったもの」の総称で、水と油を均一に混合する際に
よく用いられます。

洗剤の主成分ですが、化粧品やマヨネーズにも入っているんです。

これに対して合成界面活性剤は石鹸以外の、工場で合成されたもので
弱い毒性が懸念されるものも意外に多くあります。

製品に用いる以上、普通にすすげば問題のない残存量とされています。
しかし「なるべく合成界面活性剤の使用を避けたい」というのが
人間の心理ですから「肌に優しいアミノ酸系」と換言しているのです。

「アミノ酸系」は何を指すの?

「アミノ酸系」と呼ばれる物の多くは、
「ヤシ油 脂肪酸などを原料とする洗浄成分」ですから、
頭皮や髪に優しいことは間違いありません。

しかし洗浄力が弱いため、製品によって、1回洗うだけでは
十分ではないため、2回洗う必要も出てきたりします。

「アミノ酸系」という言葉は先にも述べたように正式名称ではなく、
化粧品業界の造語なので、その定義は曖昧です。

だから「アミノ酸系」と書かれているだけでは、それが
「本当に良い製品なのか?」を判断することはできません。

例えばアミノ酸系の成分をちょっとだけ使用して、主成分は
高級アルコール系洗浄成分であるにもかかわらず、安全性を
アピールするために「アミノ酸系シャンプー」と表記している
シャンプーもありますから。

お勧めできるアミノ酸系 合成界面活性剤

  • アシルグルタミン酸
  • ココイルタウリンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa

主成分に

  • コカミド~
  • ココイル~

と表記されていれば「アミノ酸系シャンプー」という方もいますが、
コカミドプロピルベタイン(ラウラミドプロピルベタイン)は
アミノ酸系ではありません。

「アミノ酸系」といっても原料も違えば、合成方法も様々です。
「安価だから良くない、高価だから良質」と決めつけられるものでも
ありませんから、成分をしっかりチェックすることが大切です。

「アミノ酸系」を強調していても、

これらの記事に記載しているような成分が入っていると、
育毛どころか、薄毛を促進させることにもなりかねません。

  • 大手メーカーの製品なら安心できる
  • CMで有名な女優が勧めていたから
  • 値段が高かった

という理由だけで「良い製品に違いない」と判断するのではなく、
必ず成分表記を確認するようにしましょう。

関連ページリンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional